東京都大田区矢口1-19-5 エスポワール1F

平日 9:00〜12:00 / 14:30~18:00
土曜 9:00-13:00
休診 水曜日、日祝日

tel.03-3757-3387

WEB予約受付

耳の病気・疾患

アイコン耳の疾患について

耳は大きく分けると外耳道(耳の孔)、中耳(鼓膜の奥)、内耳(耳の一番内側)という3つの部分で成り立っています。音を聴くといった機能の他に、三半規管と連結し体のバランスを保つ重要な役割を担っています。
そのため、めまいの原因が耳に起因することもあり些細な症状でもお早めの受診をお勧めします。
以下では、耳の疾患の中でもよく見られる代表的なものを挙げています。

アイコン症状:耳が痛い/耳漏がでる/耳がかゆい

【原因として考えられる疾患】

急性中耳炎

激しい痛みや耳だれ、閉塞感などの自覚症状が急激に現れます。これは中耳に細菌などが入り込み、急性の炎症でまたたく間に腫れあがり膿が溜まります。また、これが原因で発熱することもあります。

慢性化膿性中耳炎

急性中耳炎の治療をせずに症状が進むと、慢性化し鼓膜に孔が開いたままになって耳だれを繰り返します。
これを慢性化膿性中耳炎と言います。
もう一つは真珠腫性中耳炎と呼ばれ、周囲の骨を壊しながら進行するタイプがあり、めまいや顔の麻痺を発症し、更に進行すると髄膜炎(脳および脊髄を覆う膜に炎症が生じる)になることがあります。
耳だれの細菌培養を行い原因菌が細菌か真菌なのかを検査します。菌に効果的な薬剤を用いて治療を行いますが程度によっては点耳薬の投薬や軟膏塗布なども使用します。
腫瘤が進行し、自然と膿が破れて排出されない場合には切開して膿を出すこともあります。
いずれにせよ普段から清潔にすることで予防でき、軽い自覚症状であっても早期に受診することで重症化を防ぐことができます。

外耳道炎・湿疹

外耳道炎とは外耳道や耳たぶが炎症して、強い耳の痛みとかゆみが現れ、さらに症状が進むと耳だれが出るようになります。特に外耳道の炎症がひどいと腫れあがり、そのせいで音が聴き取り難くなり難聴に進むこともあります。更に腫れが腫瘤となり化膿した膿が流れ出ることもあります。

アイコン症状: 聴こえが悪い/耳が詰まった感じ/耳に水が入った感じ/耳鳴り/音が響く

【原因として考えられる疾患】

突発性難聴

突然前触れもなく発症するタイプの難聴で、障害の起きた場所が内耳であれば突発性難聴と言います。内耳の蝸牛や三半規管も同時に異常が起きることが多く、耳鳴りやめまい、吐き気なども伴います。
まずは、聴力検査および、精密検査を行います。突発性難聴の治療はスピードが肝心で、早ければそれだけ治癒する確率が上がりますが、逆に遅れることで難聴や耳鳴りが残ってしまう可能性があります。
急に耳が聞こえなくなる症状は突発性難聴が疑われるので、お近くの耳鼻咽喉科にお早めに受診してください。

滲出性中耳炎

耳管の機能が正常に働かずに、鼓膜の奥に圧力がかかると細胞から体液が滲み出て溜まってしまう状態を滲出性中耳炎と言います。自覚症状に乏しいので気が付きにくい疾患の一つですが、耳が聞こえ難い場合によく見られます。

耳垢栓塞(みみあか)

外耳道には耳垢腺という分泌腺があり、そこに空気中の細かいほこりや代謝によって古くなった角質が溜まると耳垢となります。その耳垢が肥大し、耳の穴を塞いでしまう状態を耳垢栓塞と呼びます。
耳の閉塞感や聞こえ難さを自覚し、難聴まで進むと音が全く聞こえなくなる場合もあります。
耳の中を見ながら、鉗子(かんし)や吸引管などを使い耳垢を除去しますが、耳垢が硬くなってなかなか取れないような場合には、点耳薬で軟らかくしてから数日後に処置を行います。耳垢の除去をした後は聴力検査を行い聞こえの程度を確認します。
予防としてこまめに綿棒などで耳垢を掃除することが肝心です。ですが、あまり強く耳かきをしたり、頻繁に行うとかえって耳の中を傷つけてしまうこともあるので、ほどほどと心がけておくと良いでしょう。

耳管機能低下症

耳管は耳(中耳腔)と鼻(上咽頭)をつないでいる器官です。
普段は閉じていますがあくびや、唾を飲み込むと開き、鼓膜にかかる気圧の調整を担っています。
この機能が低下すると中耳の換気が不十分になってしまい、気圧の調整がうまくいかず鼓膜が内側に引き込まれてしまいます。すると、耳が塞がったような症状が現れます。
内服薬の投与で経過を見ますが、閉塞感が強い場合には鼻の奥に管を入れて耳管に空気を通し気圧の調整を行うこともあります。これによって一時的ですが閉塞感を緩和することができます。
気圧の急激な変化(新幹線などの高速移動中にトンネルを通過する時など)で一時的に発症することがありますが耳管が正常であれば、気圧の調整で時間をおかずに解消されます。そうでない場合は耳管機能低下症が疑われますので、お早めに当院までご相談ください。

軽症の場合は抗菌薬や消炎剤での治療を行います。ですが、膿が溜まって鼓膜の腫れがひどく痛みが強い時や、熱が高い場合は鼓膜を少し切開して膿を出してしまうこともあります。
乳幼児によく見られる疾患でもあるので、泣き止まない、耳を気にするなど普段と違った感じがあれば、なるべくお早めに当院までご相談ください。

軽症の場合は抗菌薬や消炎剤の投与で経過を見ますが、閉塞感が強い場合には鼻の奥に管を入れて耳管に空気を通し気圧の調整を行うこともあります。これによって一時的ですが閉塞感を緩和することができます。
ですが、重度の場合は鼓膜を少し切開して溜まった液を出してしまうこともあります。

まずは、鼓膜の状態を観察し、より詳細な検査が必要な場合に内視鏡検査や細菌検査、CT検査などを行います。
急性中耳炎と同様に、抗菌薬や消炎剤での治療、耳の処置によって耳だれは止まりますが、鼓膜の孔は空いたままなので、再び炎症を起こすと耳だれを繰り返します。
そのため再発を防ぐには手術で鼓膜の孔を塞ぐ必要があります。特に真珠腫性中耳炎の場合根治させるには、ほぼ手術を要します。

耳鳴症

耳鳴症の自覚症状として、周りが静かなのに機械音やテレビの砂嵐のような音(キーン、ザー、ピーなど、患者さんごとに感じ方は様々)がしているように感じます。聴力に障害のある方に多く見られる傾向で検査上は正常でも耳鳴りを感じることがあります。
聴覚系の異常が原因の一つとも考えられていますが、発症のメカニズムについてははっきりとしていません。
他にも過労やストレスがきっかけとなることもあり、音の伝達系統の異常を脳がきちんと処理できず耳鳴りが起こると考えられています。

聴力検査によって耳鳴りの程度を診断します。耳の疾患が原因であるとはっきりしている場合にはそれを治療します。例えば中耳炎であればその炎症を抑える治療を行います。原因そのものが判定できない場合には、耳鳴りへの意識を分散させる治療として精神安定剤や漢方薬を検討することがあります。他にも補聴器に似た機械を付け、そこから流れる音と不快な耳鳴りを相殺するTRT療法を行うこともあります。

感音難聴

内耳、または中枢側の神経に異常がある場合に生じる難聴で、先天性難聴と後天性難聴に分けられます。
先天性難聴の主な原因は遺伝、または胎児期においての発達異常とされており出生時には既に難聴を生じています。
後天性難聴は出生後に生じる難聴で、内耳、または中枢側の神経が加齢や外傷、騒音、髄膜炎、聴神経の腫瘍など様々な異常が原因で発症します。
どちらも共通して音が聞こえ難いだけでなく、音の内容を把握できなくなるため相手の話している内容が分からないなどの弊害が起きます。
程度により治療法は変わりますが、日常生活に支障があるようでしたら補聴器を使用することがあります。

いしがき耳鼻咽喉科クリニック

診療科目
耳鼻咽喉科 アレルギー科 小児耳鼻科
住所
東京都大田区矢口1-19-5 エスポワール1F
アクセス
東急多摩川線「武蔵新田」駅 徒歩2分
電話番号
tel:03-3757-3387
WEB予約受付
日祝
9:00〜12:00
14:30~18:00

休診日:水曜日、日祝日 土曜 9:00-13:00